唾液の分泌が増える食べ物と裏ワザを紹介!これで唾液が出やすくなる!

唾液の分泌が増える食べ物と裏ワザを紹介!これで唾液が出やすくなる!

 

 

口内環境を整えて口臭を撃退するには、唾液の分泌量を増やす必要があります。

 

ここでは、唾液を増やす食べ物を紹介すると同時に、私自身も行っているちょっとした方法も紹介していきたいと思います。

 

 

 

唾液を増やす食べ物

 

硬いもの、繊維質のもの
硬いものや繊維質のものを食べれば、自然と噛む回数も増えます。それにより、唾液の分泌を促すという効果があります。

 

硬いものの例
スルメ、軟骨、煮干、ドライフルーツ

 

繊維質の例
キャベツ、レタス、ニンジン、セロリ、ごぼう、おから、栗、アボカド、モロヘイヤ

 

 

 

酸っぱい食品
酸味が唾液の分泌を促し、口の中の自浄作用を高めます。
また、酸性の食品に含まれる有機質には、ニオイの元になるタンパク質を分解する働きや、食べ物の残りカスが腐敗発酵するのを防ぐ効果もあります。

 

酸っぱいものの例
レモン、梅干し、グレープフルーツ、アセロラ、グランベリー、はっさく、もずく、酢の物(タコ酢など)、漬物

 

梅干やレモンなどはアルカリ性だと言われることがありますが、それは体内で吸収されるときのはなしです。摂取時は酸性ですので、口の中では酸性です。

 

 

 

食べ物を使って、唾液の分泌を促進する裏技

 

だし昆布をつかった方法
目にゴミが入ってきたら涙があふれてきますよね?
同じように、口の中にゴミが入ってくると、反射的に唾液があふれてきて、危険なものを排除しようとします。

 

この原理を応用したのがだし昆布を使った方法です。

 

かたくて四角い角が異物の役目を果たし、反射的にサラサラした唾液を出させます。異物反応がつづくかぎり、新鮮な唾液が出つづけるので、ニオイを引き起こす口内のガスをもろもろ抑制してくれます。

 

つくりかた
だし昆布(加工されていない乾物)を1cm×2cmの長方形にカットします。(正方形よりも、長方形のほうが唾液がでます。)

 

使用法
あらかじめ用意しておいた長方形の昆布を、ジップロックなどに入れて持ち歩きます。口のニオイが気になったら口に含み、基本的にはなにもせず、たまに角を舐めるだけでOKです。
かみたい気持ちをグッとこらえて、20〜30分入れておきましょう。

 

 

 

めかぶも使える
めかぶとは、ワカメの根元の部分のことです。
ひと昔前に、テレビ番組で口臭予防の効果があるとされてから、注目を集めました。
唾液の分泌を促進させるアルギン酸が、海藻類の中でも群を抜いて多く含まれているのです。

 

使用法
乾燥しためかぶを用意します(スーパーに売ってます)
これを昆布と同じ要領で、噛まないようにしゃぶるようにしてください。
口の中で出汁(だし)をとるイメージです。

 

 

 

お茶っ葉をつかった方法
どうしても昆布等が苦手だったり、持ち合わせがない場合は、お茶っ葉を使った方法でも良しとします。これも昆布同様、異物の反射作用を利用したものです。

 

つくりかた
安い茶葉でいいので、葉の部分が多く、茎の部分が少ないものを選んでください。昆布のときのように、ジップロックに入れて持ち歩き、口のニオイが気になったときに含むようにします。

 

使用法
指でひとつまみしたお茶の葉を口に含み、あとは昆布のときと同じです。
噛ませないようにして自然に溶けるのを待ってください。

 

 

最近では、カテキンが女性ホルモンとよくなじむことも報告され、女性ホルモンの影でおこる「生理的口臭」を予防すると言われています。ただし、昆布と違って便秘になりやすいので、常習的に使うのは避けたほうがよさそうです。

 

 

 

ガムを使った方法
だし昆布法・お茶っ葉法をさらに手軽にしたのがこの方法です。
ガムを球体にして舌に置いておくだけなのでとてもカンタン。
(なるべくキシリトール入り・無糖のものを選びます)

 

この方法は、丸めたガムによってできるスペースにより、無意識に舌が動きます。すると、酵素が満ちたサラサラの唾液が次から次へとでてくるのです。

 

また、口の中でコロコロさせているだけなので、外からみてもガムが入っているようには見えません。会話の時はほほの裏に隠せますし、ほほにある唾液腺を刺激することにもなるので、一石二鳥です。

 

そして、ガムを含んでいる間は口を閉じているので、口から息は吸えません。
つまり、鼻で呼吸するしかなく、口呼吸の改善につながるのです。
もはや一石三鳥というべきでしょうか。

 

 

食べ物以外で唾液を増やす方法なら、舌トレーニング法がおすすめです。
この舌トレーニング法が、口臭の改善に役立つかもしれない

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 

参考記事一覧

口臭を本気で治したいあなたが、どうすればいいかがわかる内臓の話


口臭を本気でどうにかしたいのに、体のどこにも異常が見つからないと、どうすればいいのかわからなくなるものです。治したくても治せない・・・そんなジレンマに悩まされていることと思います。私が口臭に悩まされて...

≫続きを読む

 

口臭がある人とない人の違いを「体質」のせいにしてませんか?


長い間口臭に悩んでいると、「どうして自分だけがニオうんだろう」とか「何がみんなと違うんだ?」という気持ちになってきますよね。そして、口臭がない人と自らの違いを「体質の違い」だと決めつけて、あきらめてし...

≫続きを読む

 

口臭が遺伝する可能性は、ほぼ0%です


いきなりですが、口臭に悩んでいるのは、あなただけですか?もし、あなたの家族に口臭で悩んでいる人がいるならば、一度くらい「遺伝」の可能性を疑ったことがあるのではないでしょうか?もしも遺伝だとしたら、どう...

≫続きを読む

 

胃が原因で、口が臭くなることはない!?【胃下垂,胃潰瘍,胃炎】


胃潰瘍や胃下垂などといった胃の不調が、直接口臭に結びつくとおもっていませんか?なぜこんなことを聞くのかといえば「胃の不調によって発生したニオイ物質が、食道から逆流して口臭になる」という間違った風潮が、...

≫続きを読む

 

ガムで口臭が悪化!?フリスク、ミンティアの食べ過ぎも要注意!


口臭をまぎらわせるために、ガムを噛んだり、フリスク・ミンティアを食べるのはよくある手段ですよね。しかし、日常的に使っていると、虫歯になったり健康を害したりしそうで、ちょっと怖いものです。そして、その虫...

≫続きを読む

 

口臭の原因がわからない人は、これを見落としていませんか?


口臭の原因を本やインターネットで探すと、舌苔や歯石、虫歯、内蔵の病気などがでてきます。これらはどこのサイトや本でもいわれていることで、口臭の原因としては有名というか、王道的なものばかりですよね。口臭の...

≫続きを読む

 

この舌トレーニング法が、口臭の改善に役立つかもしれない


口や舌をよく動かすようにすれば、唾液の分泌をうながし、口臭予防につながります。ここでは、おすすめの舌(口)トレーニング法を紹介していきます。このページを見ながらでもいいので、毎日できれば最高です。関連...

≫続きを読む

 

唾液不足の5つの原因!口の臭いとの関係は?


この記事では、唾液が不足する5つの原因と、それによっておこる口臭との関係についてはなします。〜シューグレン症候群〜シューグレン症候群とは、自己免疫疾患のひとつです。唾液不足の原因なので、口が渇くのはも...

≫続きを読む

 

舌磨きの正しい方法と頻度、タイミングは?


正しい舌苔の除去法を教えてもらったことがある人は、少ないでしょう。ここでは、舌磨きの正しい方法と頻度、タイミングについて詳しく解説します。

≫続きを読む

 

舌ブラシのやりすぎが口臭につながるのか!?


舌の上にある白いコケ、「舌苔(ぜったい)」は、口臭のもとになる有名な原因の一つです。これを取り除くのに、非常に便利で画期的なアイテムが、舌ブラシですね。この舌ブラシ、おもしろいように舌苔がとれるので、...

≫続きを読む

 

慢性胃炎の口臭ってどんなニオイ?症状と治療法も解説!


「自分の口臭は、もしかしたら慢性胃炎が原因かもしれない・・・」そう考えてはみたものの、慢性胃炎の口臭って、どんなニオイでどんな症状なのかわからないと思います。まずは胃に焦点をあててから、順番に解説して...

≫続きを読む

 

舌苔のとりすぎで、舌が痛い人はいませんか?


長期にわたって口臭に悩んでいると、舌苔をとりすぎてしまい、舌を痛めてしまうことがあります。私も、口臭に悩んでいたときは、無我夢中でとりすぎて、頻繁に痛めていました。気になりすぎて、やってしまう気持ちは...

≫続きを読む

 

蓄膿症が原因の口臭ってどんなニオイ?特徴や症状を解説!


強いニオイを放つ口臭の原因のひとつとして、蓄膿症がありますが、あなたを悩ませている口臭には関係あるのかどうか、気になるところですよね?このページでは、蓄膿症の症状や特徴、どんなニオイがするかを教えてい...

≫続きを読む

 

唾液の分泌が増える食べ物と裏ワザを紹介!これで唾液が出やすくなる!


口内環境を整えて口臭を撃退するには、唾液の分泌量を増やす必要があります。ここでは、唾液を増やす食べ物を紹介すると同時に、私自身も行っているちょっとした方法も紹介していきたいと思います。

≫続きを読む

 

【何分?】歯磨きの目安となる時間【口臭】


私のもとによせられる相談のなかに、「歯磨き時間は何分くらいが最適でしょうか?目安を教えてください」「1回の歯磨きにつき、10分間やると決めているのに、なかなか口臭がよくなりません」といったものがありま...

≫続きを読む

 

口臭を感じる距離は、大体30cm〜50cm(例外あり)の範囲です


人は、どのくらいの距離まで近づけば、相手の口臭を感じるのでしょう?テーブルをはさんで話をしているときは、それなりの距離があるので、気にもせず会話ができそうです。(肘をつくなどのいわゆる「身を乗り出した...

≫続きを読む

 

自分の口臭を確認できる方法が、TVで紹介された


先日、自分の口臭がどんなニオイを発しているか確かめる新しい方法が、TVで紹介されました。その番組は、毎週さまざまなお役立ち情報を発信している「ホンマでっかTV」です。この番組はゴールデンタイムに放送し...

≫続きを読む

 

内蔵の病気を疑う人はいても、内蔵の環境を疑う人は少ない


内蔵の病気が原因で、自分の口臭が発生していることを危惧する人は多くても、内蔵の環境が良くなくて口臭が発生していることを疑う人は極端に少ないです。私が相談を受けている口臭患者さんたちはよく、「どんな病院...

≫続きを読む

 

”水分”は、まさにオールマイティな存在といえる


内蔵環境に整えるために必須なのが”水分”です。水分は、体内に溜まった毒素を体外に排出するために必要なものです。ここでいう毒素とは、体内でニオイ物質に変化するあらゆる物質のことを指しますが、たとえば添加...

≫続きを読む

 


自己紹介 口臭グッズ・教材の感想 お問い合わせ