”水分”は、まさにオールマイティな存在といえる

”水分”は、まさにオールマイティな存在といえる

 

 

内蔵環境に整えるために必須なのが”水分”です。
水分は、体内に溜まった毒素を体外に排出するために必要なものです。

 

ここでいう毒素とは、体内でニオイ物質に変化するあらゆる物質のことを指しますが、たとえば添加物や動物性脂肪、悪玉コレステロールなどのことだと思ってください。

 

もしも十分な水分補給をせず、体内の水分が少なければ、毒素が体から出ていきません。そうなれば毒素は溜まりつづけてしまいます。

 

 

あなたのカラダは 川 or 池?

 

体内の水分量が正常な範囲の人は、臓器を十分な水がかけめぐるので、毒素を洗い流す体になっています。イメージとしては、川ですね。

 

反対に、体内の水分量が不足している人の場合、毒素を洗い流す水そのものがないので、いつまでも毒素が残ってしまう体になります。イメージとしては、水の流れ(入れ替わり)が少ない池や湖といったところでしょうか?

 

 

口臭だけで終わる話ではない

 

前述したいわゆる「池」状態になっている人の毒素は、やがて不快なニオイ物質となって体中のあちこちから出てくるようになります。汗がクサくなったり、尋常ではないニオイのオナラがでたりと、もはや口臭だけが問題ではなくなってきます。

 

ちなみにそういった症状(体臭)が出るのは、たいてい口臭の後ですので、体臭が出るほど進行する人は稀です。

 

つまり今あなたを悩ませている口臭は初期症状であり、放っておけば体臭まで出はじめるかもしれません。
水分を摂ることで、初期のうちに撃退するべきです。

 

 

水分がなければ、出るはずのものも出なくなる

 

ところで、あなたは口やのどが頻繁に渇いたりしませんか?
もしそうであれば、水分(唾液)が足りていない証拠です。 

 

唾液が足りていないと、口内の乾燥を招いて口臭が発生することは、以前にも話しました。   唾液不足と口のニオイの関係

 

当時の私も口内の乾燥には悩まされたので、舌を使ったトレーニング法を行っていました(今でもやっています)が、これは水分ありきで行って欲しいものです。

 

たとえば体内に10の水分があるとして、唾液が5出る舌トレーニングをすれば、しっかり5の唾液がでます。しかし、体内に3しか水分がないのに5の舌トレーニングをしても、3以上の唾液は出てくれませんよね?

 

ここまで単純な話ではないかもしれませんが、けして大袈裟な話でもないと思います。唾液の観点から見ても、口臭改善するにあたり、水分補給は非常に重要なことだと理解してもらえたのではないでしょうか?

 

 

単なるガブ飲みは禁物

 

ここまで強く水分補給の重要度を主張したので、多量に飲み過ぎる人がでてこないか不安になります。
飲みすぎはもちろん良くないです。

 

その点については下記が参考になるかと思います。

 

私たちは、水分不足を恐れるあまり、喉の渇きを感じる前に過剰に摂取する傾向にありますが、逆に水分を多く摂取することに関しては、まったくと言っていいほど危機感を持っていません。

 

飲みすぎると、夜中トイレへ頻繁に行くことになり、睡眠障害になります。
また、肝臓のダメージを防ぐどころか、逆にダメージを与える恐れもあるのです。

 

さらに、低ナトリウム血症という致命的な症状に陥る可能性も潜んでいます。これは、体内の塩分レベルが極端に落ちることによって、脳の浮腫を引き起こすというもの。症状がひどいと昏睡・痙攣といった命の危険もあります。

 

知識の泉 Haru’s トリビア(http://amor1029.exblog.jp/)より引用

 

 

では適量は?

 

それでは適量はどの程度なのかという話になりますが、じつはその部分は教えたくても教えることができません。なぜなら私が口臭を治すために手本にした”1日の水分補給量”は「伊藤潤一式口臭消滅プログラム」に載っていて、それを参考にしたからです。

 

実際には”1日の摂取量”、”いつ”、”どのタイミングで”、”どのくらい”、”何を飲むか”が書かれているのですが、有料で販売されている以上、中身を教えることはできないのです。(著作権に反します)

 

今ですら、ネタバレギリギリのラインを越えまいとサイトを運営しているわけですので、ご理解いただきたいと思います。

 

 

といっても、それでは納得いかないと思います。ですので、とりあえずどこのサイトでも書かれている内容(量)を公表しておくと、「1日に必要な水分量は2リットル」といわれているようです。

 

とにかく、今回は水分の重要性について理解をいただきたく書きました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

参考記事一覧

口臭を本気で治したいあなたが、どうすればいいかがわかる内臓の話


口臭を本気でどうにかしたいのに、体のどこにも異常が見つからないと、どうすればいいのかわからなくなるものです。治したくても治せない・・・そんなジレンマに悩まされていることと思います。私が口臭に悩まされて...

≫続きを読む

 

口臭がある人とない人の違いを「体質」のせいにしてませんか?


長い間口臭に悩んでいると、「どうして自分だけがニオうんだろう」とか「何がみんなと違うんだ?」という気持ちになってきますよね。そして、口臭がない人と自らの違いを「体質の違い」だと決めつけて、あきらめてし...

≫続きを読む

 

口臭が遺伝する可能性は、ほぼ0%です


いきなりですが、口臭に悩んでいるのは、あなただけですか?もし、あなたの家族に口臭で悩んでいる人がいるならば、一度くらい「遺伝」の可能性を疑ったことがあるのではないでしょうか?もしも遺伝だとしたら、どう...

≫続きを読む

 

胃が原因で、口が臭くなることはない!?【胃下垂,胃潰瘍,胃炎】


胃潰瘍や胃下垂などといった胃の不調が、直接口臭に結びつくとおもっていませんか?なぜこんなことを聞くのかといえば「胃の不調によって発生したニオイ物質が、食道から逆流して口臭になる」という間違った風潮が、...

≫続きを読む

 

ガムで口臭が悪化!?フリスク、ミンティアの食べ過ぎも要注意!


口臭をまぎらわせるために、ガムを噛んだり、フリスク・ミンティアを食べるのはよくある手段ですよね。しかし、日常的に使っていると、虫歯になったり健康を害したりしそうで、ちょっと怖いものです。そして、その虫...

≫続きを読む

 

口臭の原因がわからない人は、これを見落としていませんか?


口臭の原因を本やインターネットで探すと、舌苔や歯石、虫歯、内蔵の病気などがでてきます。これらはどこのサイトや本でもいわれていることで、口臭の原因としては有名というか、王道的なものばかりですよね。口臭の...

≫続きを読む

 

この舌トレーニング法が、口臭の改善に役立つかもしれない


口や舌をよく動かすようにすれば、唾液の分泌をうながし、口臭予防につながります。ここでは、おすすめの舌(口)トレーニング法を紹介していきます。このページを見ながらでもいいので、毎日できれば最高です。関連...

≫続きを読む

 

唾液不足の5つの原因!口の臭いとの関係は?


この記事では、唾液が不足する5つの原因と、それによっておこる口臭との関係についてはなします。〜シューグレン症候群〜シューグレン症候群とは、自己免疫疾患のひとつです。唾液不足の原因なので、口が渇くのはも...

≫続きを読む

 

舌磨きの正しい方法と頻度、タイミングは?


正しい舌苔の除去法を教えてもらったことがある人は、少ないでしょう。ここでは、舌磨きの正しい方法と頻度、タイミングについて詳しく解説します。

≫続きを読む

 

舌ブラシのやりすぎが口臭につながるのか!?


舌の上にある白いコケ、「舌苔(ぜったい)」は、口臭のもとになる有名な原因の一つです。これを取り除くのに、非常に便利で画期的なアイテムが、舌ブラシですね。この舌ブラシ、おもしろいように舌苔がとれるので、...

≫続きを読む

 

慢性胃炎の口臭ってどんなニオイ?症状と治療法も解説!


「自分の口臭は、もしかしたら慢性胃炎が原因かもしれない・・・」そう考えてはみたものの、慢性胃炎の口臭って、どんなニオイでどんな症状なのかわからないと思います。まずは胃に焦点をあててから、順番に解説して...

≫続きを読む

 

舌苔のとりすぎで、舌が痛い人はいませんか?


長期にわたって口臭に悩んでいると、舌苔をとりすぎてしまい、舌を痛めてしまうことがあります。私も、口臭に悩んでいたときは、無我夢中でとりすぎて、頻繁に痛めていました。気になりすぎて、やってしまう気持ちは...

≫続きを読む

 

蓄膿症が原因の口臭ってどんなニオイ?特徴や症状を解説!


強いニオイを放つ口臭の原因のひとつとして、蓄膿症がありますが、あなたを悩ませている口臭には関係あるのかどうか、気になるところですよね?このページでは、蓄膿症の症状や特徴、どんなニオイがするかを教えてい...

≫続きを読む

 

唾液の分泌が増える食べ物と裏ワザを紹介!これで唾液が出やすくなる!


口内環境を整えて口臭を撃退するには、唾液の分泌量を増やす必要があります。ここでは、唾液を増やす食べ物を紹介すると同時に、私自身も行っているちょっとした方法も紹介していきたいと思います。

≫続きを読む

 

【何分?】歯磨きの目安となる時間【口臭】


私のもとによせられる相談のなかに、「歯磨き時間は何分くらいが最適でしょうか?目安を教えてください」「1回の歯磨きにつき、10分間やると決めているのに、なかなか口臭がよくなりません」といったものがありま...

≫続きを読む

 

口臭を感じる距離は、大体30cm〜50cm(例外あり)の範囲です


人は、どのくらいの距離まで近づけば、相手の口臭を感じるのでしょう?テーブルをはさんで話をしているときは、それなりの距離があるので、気にもせず会話ができそうです。(肘をつくなどのいわゆる「身を乗り出した...

≫続きを読む

 

自分の口臭を確認できる方法が、TVで紹介された


先日、自分の口臭がどんなニオイを発しているか確かめる新しい方法が、TVで紹介されました。その番組は、毎週さまざまなお役立ち情報を発信している「ホンマでっかTV」です。この番組はゴールデンタイムに放送し...

≫続きを読む

 

内蔵の病気を疑う人はいても、内蔵の環境を疑う人は少ない


内蔵の病気が原因で、自分の口臭が発生していることを危惧する人は多くても、内蔵の環境が良くなくて口臭が発生していることを疑う人は極端に少ないです。私が相談を受けている口臭患者さんたちはよく、「どんな病院...

≫続きを読む

 

”水分”は、まさにオールマイティな存在といえる


内蔵環境に整えるために必須なのが”水分”です。水分は、体内に溜まった毒素を体外に排出するために必要なものです。ここでいう毒素とは、体内でニオイ物質に変化するあらゆる物質のことを指しますが、たとえば添加...

≫続きを読む

 


自己紹介 口臭グッズ・教材の感想 お問い合わせ